スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム教人口がキリスト教人口を追い越す

これまで長い間、人口の約三割を占めるという「キリスト教」が、世界人口比率で最も優位であると言われてきました。
しかしこれについて、最近のユニークな研究発表を見つけたのでご紹介します。


米調査機関ピュー・リサーチ・センター [Pew Research Center]
イスラム教徒とイスラム教:米国と世界各国における主な調査結果(Muslims and Islam: Key
findings in the U.S. and around the world)」
URL: http://www.pewresearch.org/fact-tank/2017/08/09/muslims-and-islam-key-findings-in-the-u-s-and-around-the-world/


2017年10月10日のこの報告によると、世界人口をキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、仏教、ユダヤ教、伝統宗教、その他宗教、無信仰の8つに分類。地域別などに人口動態を調査した結果、世界の宗教人口は現在キリスト教徒が最大勢力だが、2070年にはイスラム教徒とキリスト教徒がほぼ同数になり、2100年になるとイスラム教徒が最大勢力になるとの予測しています。

これらのデータは、最初、ピュー研究所が2015年にすでに発表しているものだが、今回新たに発表した報告書では、米国や欧州の人々がイスラム教をどう見ているのか、また「イスラム国」(IS)などのイスラム過激派を、一般のイスラム教徒がどう感じているかなどについても調べているということです。


キリスト教人口は2050年までに35%増加するが、イスラム教人口はそれを大幅に上回り、73%も増加する。2050年までの世界人口全体の増加率は37%で、イスラム教人口はそれよりも2倍近く速く増えることになる。

2010年のキリスト教人口は21億7千万人で、イスラム教人口は16億人。これが2070年までに、それぞれ29億2千万人(31%)、27億6千万人(30%)に達し、ほぼ肩を並べる。さらに2100年までには、イスラム教人口が世界人口の35%となり、キリスト教人口(34%)を1%上回ると予想されている。

米国のイスラム教人口は現在、約330万人で人口の約1%を占めているが、2050年までには2.1%にまで増えると見込まれている。さらに欧州では、2050年までにイスラム教人口が10%に達するとみられている。

一方、無神論者や信仰を持たない人の数は減少すると予想されている。北米と欧州では増加するものの、世界的には現在の16.4%から、2050年までに13.2%にまで減少するという。

ピュー研究所は報告書で、イスラム教の急速な成長の要因として2つの理由を挙げている。1つはイスラム教徒の出産率の高さで、イスラム教徒の女性は1人当たり平均で3.1人の子どもを産み、これは宗教別では最も多いという。もう1つは平均年齢の低さで、イスラム教徒は宗教別では最も若い人が多い宗教で、34%が15歳以下だという。」


tag : キリスト教人口 イスラム 仏教 宗教 人口

リンク
ヨベルの角笛HP タイトルリスト[昇順]
タイトルリスト[後順]
プロフィール

ヨベルの角笛

Author:ヨベルの角笛

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。