スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発覚!-[ ものみの塔は反キリスト!] を証明する聖句発見!

次の記事

※ フルスクリーン(別画面)表示

関連記事

テーマ : エホバの証人
ジャンル : その他

tag : ヨハネ第二 反キリスト 背教者 排斥 ものみの塔 エホバの証人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「今が終わりの時です」とは?

09/02のブログの、「エルコメノン」は現在形なので、キリストが再臨時に肉体で来ることを述べているという論議。興味深く読ませていただきました。

そこで、質問をさせていただきたいのですが、Ⅰヨハ2:18の「あなた方が聞いていたとおり、多くの反キリストが現れているので、だから今は『終わりの時』と知る」というヨハネの言葉は、どう理解したらいいのでしょうか。

●この「終わりの時」の意味を、ものみの塔協会は、「おそらく使徒時代の終わり」と公式サイトで説明していますが、これは全然受け入れられません。

●クリスチャンとしてその時代を生きるということは、常に終わりの時を生きることである、と教訓的に受け止める解釈もあるようですが、しかしヨハネの書き方には“終末の切迫感”があるように感じられます。

●Wikipedia「ヨハネの黙示録」を見ると、執筆年代はネロ帝時代の69年頃(西暦70年神殿崩壊前)と考える聖書学者もいるそうです。

●「終わりの日」と「終わりの時」とは言語的に違うという解釈もあります。

●ヨハネは「終末の時」を間違えたのだ、という解釈もあり得ます。

ヨハネは彼の時代に関して、もうすでに終末だと言っています。
「今が終わりの時です」の聖句は、わたしが長年理解できないままでいる聖句です。教えていただけたら幸いです。

愛読者BAより

今が終わりの時です」とは

BA 様
ご愛読ありがとうございます。

この句は、大変難解で、これまでにあれこれ調べていますが、未だ、十分な確信には至りませんが、
ちょうど BA さんからのコメントを折りに、これまでに調べた内容をまとめてみましたので、「読者からの質問」というカテゴリ内にファイルをUPしましたのでご覧下さい。

また、何かありましたら遠慮なくどうぞ。また感想などもお聞かせ下さい。
リンク
ヨベルの角笛HP タイトルリスト[昇順]
タイトルリスト[後順]
プロフィール

ヨベルの角笛

Author:ヨベルの角笛

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。