FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものみの塔の囚われからの救出作戦-2

次の記事

 *ものみの塔の囚われからの救出作戦-1[ http://yoberu.blog113.fc2.com/blog-entry-133.html ] では、救出作戦の具体例を幾つか記しましたが、その別バージョンを記載します。

場面設定は前回と同じ、「聖書研究」での司会者とのやりとりです。

題して「初信忘るべからず」作戦(「信」の字が違っているのは誤字ではありません)
つまり、複雑になりすぎたものは、扱いが面倒なので、できるだけシンプルにします。
その最も良い方法は「振り出しに戻る」ということです。
以下の応答を行って見て下さい(必ずしも順番にする必要も無く、良いタイミングで、一つ二つ尋ねて見てください。
そして、その返答を必ずメモしておかれるとよいでしょう。

-------------------------------------------------------------------------

わたしは、ものみの塔が「地上で唯一の神に用いられている組織」だと言うことに深い関心を持っています。

それさえ、確かな根拠ではっきりと理解できれば、他のことは、素直に受け入れられるのではと思います。あなた(司会者)もそう思いませんか?
ですから私は、他のことはともかく、もっぱら、ものみの塔の初期のころについての情報を色々と知りたいと思います。

(少なくとも当分の間、「聖書研究」での論題は「ものみの塔」初期の教理だけに限定して、それらを徹底的に調べたい。という所存であることをアピールしましょう。)


ものみの塔が「神の組織」だという根拠は何でしょうか?
一般の教会がそれを認めないのはなぜですか?
 それらの人をさえ納得させる明確な根拠ではないのですか?

ものみの塔が神に選ばれて「神の組織」になったのはいつですか?
(おそらく1919年と答えると思います。)
最初のものみの塔はいつ、誰が執筆されたのですか?
(CTラッセルにより1879年創刊)

正式に神によって選ばれるまでの40年間のものみの塔の出版物はどういう位置にあるのですか?

初期のころの出版物などには、フリーメーソンのシンボルや十字架などが使われていた
り、誕生会やクリスマスなども祝っていたとお聞きしました。それは本当ですか?

今日では、神の不興を買うと言われている教理の中で、初期の頃には、何も問題視していなかったものが、その他にもありますか?

神が1919年頃のものみの塔を選ばれた一番の理由は何であると説明されているんですか?
それが、公認のための最大のの条件であるという根拠はどんなものですか?

1919年頃のものみの塔の教理で(他の教派でも同様なものは除き、ものみの塔だけの独自の見解)今日まで何も変わらずにそのまま継続している教理にはどんなものがありますか?

(私が調べたかぎりでは、「地獄」や「三位一体の否定」など、せいぜい片手に余る程度しかありません。ほとんどの教理、見解は幾度となく変転、もしくは破棄、あるいは後に新設されています。)

(つまり、神に選ばれたとされた時点での、ものみの塔の教理及びそれに基づいた活動は現在ではほとんど別物になっているという事実があります。
何を持って、自らを神に選ばれし者と主張するかは、その答えによっては致命的なものになります。
もし、「全世界に宣教していた」ということを全面に主張するなら、問題なのは宣べ伝えていた内容、音信そのものこそ重要であるはず。
しかし、当時広めていた音信は、現代のものみの等の教えと大きくかけ離れている。これは、「漸進的導き」として、新たな理解を得たとしてめまぐるしく教理が変更される、ものみの塔の特徴的なスタンスですが、もし、伝えていた音信をもって、神がそのグループを是認されたのであれば、その当時の彼らの理解を神は認められたという主張と同じでありあり、それから変更すべきではなかったのでは。)



関連記事

tag : ものみの塔 エホバの証人 研究 マインドコントロール 奪回 救出

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
ヨベルの角笛HP タイトルリスト[昇順]
タイトルリスト[後順]
プロフィール

ヨベルの角笛

Author:ヨベルの角笛

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。