FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「臨終間際の後悔」に寄せて

興味深いブログを発見しましたのでご紹介します。
 http://www.inspirationandchai.com/Regrets-of-the-Dying.html


このブログの主は ブロニ―・ウェア(Bronnie Ware) という名の オーストラリアの看護師の方で、患者の最後の数週間のケアを担当する緩和ケアに勤務した人です。
彼女は「インスピレーションとチャイ」というタイトルのこのブログの中で、死の間際にある人が悟るに至ったことを記録していましたが、そのブログが多くの注目を集めたために、自分が見聞きしたことをまとめて「The Top Five Regrets of the Dying」 (死の間際の人が後悔することトップ5)という題名の本を出版しました。


-----------------そのブログからの抜粋 (後に和訳を乗せています) ここから

For many years I worked in palliative care. My patients were those who had gone home to die. Some incredibly special times were shared. I was with them for the last three to twelve weeks of their lives.

People grow a lot when they are faced with their own mortality. I learnt never to underestimate someone's capacity for growth. Some changes were phenomenal. Each experienced a variety of emotions, as expected, denial, fear, anger, remorse, more denial and eventually acceptance. Every single patient found their peace before they departed though, every one of them.

When questioned about any regrets they had or anything they would do differently, common themes surfaced again and again. Here are the most common five:


1. I wish I'd had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

This was the most common regret of all. When people realise that their life is almost over and look back clearly on it, it is easy to see how many dreams have gone unfulfilled. Most people had not honoured even a half of their dreams and had to die knowing that it was due to choices they had made, or not made.

It is very important to try and honour at least some of your dreams along the way. From the moment that you lose your health, it is too late. Health brings a freedom very few realise, until they no longer have it.


2. I wish I didn't work so hard.

This came from every male patient that I nursed. They missed their children's youth and their partner's companionship. Women also spoke of this regret. But as most were from an older generation, many of the female patients had not been breadwinners. All of the men I nursed deeply regretted spending so much of their lives on the treadmill of a work existence.

By simplifying your lifestyle and making conscious choices along the way, it is possible to not need the income that you think you do. And by creating more space in your life, you become happier and more open to new opportunities, ones more suited to your new lifestyle.


3. I wish I'd had the courage to express my feelings.

Many people suppressed their feelings in order to keep peace with others. As a result, they settled for a mediocre existence and never became who they were truly capable of becoming. Many developed illnesses relating to the bitterness and resentment they carried as a result.

We cannot control the reactions of others. However, although people may initially react when you change the way you are by speaking honestly, in the end it raises the relationship to a whole new and healthier level. Either that or it releases the unhealthy relationship from your life. Either way, you win.


4. I wish I had stayed in touch with my friends.

Often they would not truly realise the full benefits of old friends until their dying weeks and it was not always possible to track them down. Many had become so caught up in their own lives that they had let golden friendships slip by over the years. There were many deep regrets about not giving friendships the time and effort that they deserved. Everyone misses their friends when they are dying.

It is common for anyone in a busy lifestyle to let friendships slip. But when you are faced with your approaching death, the physical details of life fall away. People do want to get their financial affairs in order if possible. But it is not money or status that holds the true importance for them. They want to get things in order more for the benefit of those they love. Usually though, they are too ill and weary to ever manage this task. It is all comes down to love and relationships in the end. That is all that remains in the final weeks, love and relationships.


5. I wish that I had let myself be happier.

This is a surprisingly common one. Many did not realise until the end that happiness is a choice. They had stayed stuck in old patterns and habits. The so-called 'comfort' of familiarity overflowed into their emotions, as well as their physical lives. Fear of change had them pretending to others, and to their selves, that they were content. When deep within, they longed to laugh properly and have silliness in their life again.

When you are on your deathbed, what others think of you is a long way from your mind. How wonderful to be able to let go and smile again, long before you are dying.


Life is a choice. It is YOUR life. Choose consciously, choose wisely, choose honestly. Choose happiness.

-----------------抜粋 ここまで  以下 和訳です。

長年、私は緩和ケアで働きました。
私の患者は死を迎えるために自宅に戻った人々でした。
それらは極めて特殊な時を共有するものになりました。
私は彼らの人生の最後の3から12週間程の期間を共に過ごしました。

自分の死に直面する場合、人々は非常に成長します。
私は、人間の成長の可能性をみくびるべきでないことを学びました。
いくつかの変化は驚異的でした。
各々の方は予想通りに様々な感情を経験されます。否定、恐れ、怒り、後悔、更なる否定。そして最終的には受け入れる。
全ての患者は臨終の前に、心の平安を見いだします。彼らの誰もが全てそうです。
そうした人々が、後悔や、あるいは別の生き方があったかどうかについて質問された時、共通のテーマが繰り返し示されました。
ここに、最も一般的な5つがあります。

1. 他人が自分に期待する人生ではなく、自分自身に忠実な人生を送る勇気をもっていたなら良かった。

 「これが後悔の中で最もよくあるものです。自分の人生がほぼ終わりに達したことを理解し、澄んだ気持ちになって人生を振り返るとき、いかに多くの夢が実現されなかったかが容易に見て取れるわけです。ほとんどの人は、夢の半分も実現することなく、しかもそれが自分のした(あるいは、しなかった)選択のせいだったことを知りながら死ぬしかありませんでした。健康は自由をもたらしてくれますが、その自由は、ほとんどの人がもう健康にはなりえなくなって初めて理解するものです」。

2. あれほど一所懸命に働かなければよかった。

 「これは、私が看取ったすべての男性患者が口にした後悔です。子供が小さい頃に一緒にいてあげられなかったり、パートナーに対して親密にしてあげられなかったというのです。女性たちもこうした後悔を口にしましたが、ほとんどは古い世代なので、女性の患者の多くは働いて家計を支えていたわけではありませんでしたからね。私が看取った男性は皆、来る日も来る日も仕事だけの生活に自分の人生の多大な部分を費やしたことを深く後悔していました」。

3. 自分の感情を言い表わす勇気を持っていたなら良かった。

 「多くの人が、他人との平穏な毎日を維持するために、自分が感じていることを押し殺していました。その結果、彼らは平凡な生活を甘んじて受け入れ、本当はそうなれる存在になれずじまいで終わりました。多くの人が、その結果苦しみと怒りに苛まれることになり、それに関係する病気を発症することになったのです」。

4. 友人たちと連絡を取りつづけていたならば良かった。

 「多くの人は死ぬ数週間前まで旧友のありがたさを本当は理解していないことがしばしばですし、その友人たちに連絡を取ることが常にできるとは限りませんでした。多くの人は、自分の人生にかかり切りになってしまうので、まばゆい友情を年月とともに忘れてしまうものなのです。友情に対してそれにふさわしい時間と努力を費やさなかったことに多くの人が深い後悔の念をもちます。誰もが死にいくときに友人に会えずに寂しい思いをするのです」。

5. 自分がもっと幸せになってもいいと思えればよかったのに。

 「これは驚くほどよく見受けられる後悔です。多くの人は、幸福が選択肢の一つであることに最後まで気づかなかったのです。彼らは古くからのパターンや慣習で身動きが取れない状態でした。物質的な生活のみならず、自分の感情の中までにも慣れ親しんだ世界のいわゆる「居心地の良さ」があふれていました。変化に対する恐れから、彼らは自他に対して、自分は満ち足りていると言い張っていましたが、内心の深いところでは、今度生まれ変わったならば大いに笑ったり羽目をはずしたりすることを切望していました」。

  あなたの最大の後悔は何でしょうか? そして死ぬ前にこれを成し遂げようとか、これを変えようと思っていることが何かありますか? 

-----------------和訳 ここまで

この中で、「幸福が選択肢の一つであることに最後まで気づかなかった」という一文が大変印象的でした。
全体的に共通してるイメージは、自分に対する自分のイニシアチブというか、自己の尊厳を守り損ねたと言う感覚かもしれません。
人間社会の中で、平和を保ち、道理をわきまえているためには、協調と寛容さは確かに必要ですが、そのために翻弄されてしまいがちな人生を送ることになるのはほとんど全ての人に共通した要素と言えます。
そして、本来の自分自身を守るためには「勇気」が必要だと言うことです。
「義を見てせざるは勇なきなり」という言葉がありますが、この義は、人間の義ではなく、本質的な義の事でしょう。
自分の、つまり人間の本質的な尊厳を守ることは、すなわち親の尊厳を守ることであり、究極的には、生命の源である神の尊厳を尊重することに繋がるものだと考えます。
毅然とした気高さを保つには確かに勇気が必要です。しかし、同時にそれは、人間が幸福感を抱くためにはある程度の「崇高さ」の自認が不可欠である証拠であるとも言えます。

もう20年以上も前にしたためたものですが、当時、多くの友人に機会ある毎に伝えた自作の詩ですが、ここにも
示して起きたいと思います。


模範に見倣いなさい。 しかし 人のマネをしてはならない

期待に応えなさい。 しかし 自分を欺いてはならない

調和を保ちなさい。 しかし 自分を見失ってはならない

権威を恐れなさい。 しかし 決して媚びてはならない

あなたが あなたらしくあるために

あなたが あなたであるために



さて、昔から「後悔先に立たず」という言葉がありますが、それは当然と言えば当然で、「先に立ったならそれは後悔ではなく「前悔」と言うべきで、何も始める前からそれを悔やむ事などあろうはずもありません。しかし、後がない後悔ではなく、後があり、何とかすればしようがある辺りでの後悔、言ってみれば途中の後悔である「中悔」によって、物事を悟ることができれば、多少なりとも賢い生き方ができるような気がします。
そこで、こうした不特定多数の人が口を揃えて、人生の最後に述べた言葉には、深く考えさせられるものがあると思います。

どんな国でも、いつの時代でも、「世のしがらみ」のような怪物は人を「ガンジガラメ」(こうしてカタカナで書くと、何か妖怪の名前のような、ゴジラのような怪獣の名前に見えてきます)しているようです。
このサイトの最新の記事で示した「92 隠されているもので知られずに済むものはない - [黙示]に関する考察」の中で、ペテロ第Ⅱ3:10で「自然界の諸要」と訳されているギリシャ語「ストケイア」について、それは「法律、条約、条例、常識、教育、世情、世論、世間体、ステイタス」などを指すと記しましたが、このストケイアとは正に人間をガンジガラメにしている「世のしがらみ」そのものであると言えます。(詳しくは「92 隠されているもので知られずに済むものはない - [黙示]に関する考察」」をご覧下さい。
その預言は、そうした世のしがらみ全てが、人間の敵であることが暴露され、完全に溶け去り、消滅するとしています。

さて、聖書は、全ての死者が復活する時についても預言しています。
それらの人は、臨終の間際に、恐らく、先のTOP5のような、後悔を、多かれ少なかれ味わったに違いありません。また、それに先駆けて第一の復活に与る人は、天に於いて、王また祭司として人類を世話すると約束されています。それらの人々も、同様に、死の直前に、やはり様々な後悔があったであろうと思います。
それらを経験した人々が、支配者になり、また近所に住む隣人になる時に、人間の本然的な欲求、必要を十分に知り尽くしていると言う事を考えますと、ここに、「復活」と言う神のご計画に、新たな意味を私としては感じます。すなわち、「死」を味わった人間の「後悔」こそが、神の人間に対する当初からの願い、目的だったと言う事に、人類全体がようやく理解し気付くようになると言うことなのでしょう。




関連記事

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
ヨベルの角笛HP タイトルリスト[昇順]
タイトルリスト[後順]
プロフィール

ヨベルの角笛

Author:ヨベルの角笛

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。