トップ | 最新記事 | No.1-20 | No.21-40 | No.41-60 | No.61-80 | No.81-100 | No.101-120  | | No.121-140  | 番外編 | English  | 全記事 タイトルリスト |

ものみの塔の「性的虐待」裁判判決で「ものみの塔協会」の有罪が立証(賠償金22億円)

アメリカのオークランドの陪審員は、ものみの塔協会に性犯罪の犠牲者の女性 に(約20億円)の罰金の支払いを命じました。


幼児虐待

幼児虐待
 ←情報元サイト NBCNEWS.COM
 http://usnews.nbcnews.com/_news/2012/06/15/12225753-jehovahs-witnesses-ordered-to-pay-more-than-20-million-to-woman-who-said-she-was-sexually-abused?lite

左の記事からの抜粋:(下に訳文があります)

Updated at 3:20 p.m. ET:
In what both sides described as a momentous ruling, a jury in Oakland, Calif., has found that Jehovah’s Witnesses was partly responsible for the alleged sexual abuse of a girl by one of its members and must pay her more than $20 million.

The Alameda County Superior Court jury on Thursday awarded $21 million in punitive damages to the plaintiff, who is now 26 years old. That was on top of the $7 million in compensatory damages it awarded her on Wednesday.

The Watchtower Bible and Tract Society of New York, the Jehovah’s Witnesses’ legal entity, is responsible for the entire punitive damages amount and 40 percent of the compensatory damages, said Rick Simons, attorney for the plaintiff. Sixty percent of the compensatory damages was assessed against Jonathan Kendrick, the man accused of abusing her.

Candace Conti sued Watchtower, the Fremont, Calif., congregation of Jehovah’s Witnesses and Kendrick in 2011. It’s msnbc.com’s policy not to identify victims of sexual abuse, but Conti agreed to be identified so that any other victims would feel they could come forward too.

"The ultimate goal of the lawsuit was to have a change in policy, to be able to ID these people, child molesters, to the congregation to protect children," Conti told msnbc.com. "Secondarily, to have silent ones come forward and tell their stories and to bring to light that overall issue of violence and the hush-hush policy."

Both her parents were Watchtower congregation members at the time of the abuse, she said.
"I was trying to be the best Jehovah’s Witness I could be at that time," she told msnbc.com.
Jim McCabe, attorney for the Fremont congregation of Jehovah’s Witnesses, said that he was “stunned” by the verdict and would appeal.
“This is the first case I know of where a church has been hit with liability involving a rank-and-file member,” he told msnbc.com.

“Mr. Simons has his twist on the facts and we will see how a court of appeals views the trial court rulings and the evidence,” McCabe said.
The jury found that the elders who managed the Fremont congregation in the 1990s and who were under the supervision of Watchtower knew that Kendrick, a member, had recently been convicted of the sexual abuse of another child, but they kept his past record secret from the congregation, said Simons.
Kendrick went on to molest the plaintiff, who was a Jehovah's Witness member in Fremont, over a two-year period beginning when she was 9 years old, the lawsuit contended.

Kendrick was eventually convicted in 2004 of the sexual abuse of another girl, and is now a registered sex offender in California, Simons said. He has not been criminally charged with abusing the plaintiff, but Simons said the case is under investigation by law enforcement.

Kendrick was not in court for the trial and msnbc.com could not immediately find a contact number for him.
The California sex offender registry lists two convictions for him: lewd or lascivious acts with a child under 14 years of age and sexual battery involving a restrained person.

The lawsuit alleged that Watchtower had a policy that instructed elders in its Jehovah’s Witnesses congregations to keep reports of child sex abusers within the religious group secret to avoid lawsuits.
“The verdict is significant because the policy of hiding sex abusers within the congregation was out in this case,” Simons said.
He also said the judgment was “one of the largest in the country for a child sex abuse single victim in a religious institution molestation case.”

Jehovah's Witnesses is a Christian denomination noted for its nontraditional interpretation of the Bible. Members are best known for their door-to-door preaching, distributing literature such as The Watchtower and Awake! magazines.

Conti filed the lawsuit after trying, without success, to get Jehovah’s Witnesses in Southern California and in Fremont to change the secrecy policy, Simons said.

“There was no settlement demand from her because she felt the only way to expose this policy and make it change was to bring this case to trial and make it public,” he said.

“The money is the only way left for her to force Jehovah’s Witnesses to stop keep hiding known sex offenders within their congregation.”

McCabe denied Jehovah’s Witnesses has a secrecy policy concerning child sex abuse. He called the verdict "unprecedented."
“We’re stunned by the verdict. We hate child abuse and everything to do with it.”
McCabe said he was not aware of any other case in which a religious organization has been found liable for wrongdoing by a member who was not in an official position of responsibility.
“We’ve got a long ways to go yet before this one is resolved,” he said of the planned appeal.

Simons said Jehovah’s Witnesses has sufficient resources, including valuable real estate, to cover the judgment but an appeal could drag out for years.



和訳: ここから

14日の木曜日にアラメダ州上級裁判所陪審員は21ミリオン・ドルの裁定を下しています。「ものみの塔協会は、被害額の40%加害者のジョナサン・ケンドリックは60%の責任がある」と告訴人(被害者)の弁護士リック・サイモンズは述べています。

2011年にキャンデス・コンティは、カリフォルニアの「ものみの塔」フレモント会衆のエホバの証人とケンドリックを訴えました。

被害者のコンティによると、この裁判の究極の目的はものみの塔協会の性的虐待者の扱いに関する方針を変えさせ、加害者(小児愛者)を特定させ、その者から会衆を保護するためであるということです。

2番目の目的は、この種の問題に関するものみの塔協会の「内密」の方針のためにこれまで沈黙させられていた被害者たちを促し隠されている犯罪を明るみに出すということです。

虐待があった当時、彼女の両親はエホバの証人の会衆の成員で「その当時、私は最善のエホバの証人になるように努力していました」とコンティは述べています。

フレモント会衆のための弁護士 ジム・マッケイブは「判決に唖然とさせられた。上訴する」と述べています。

彼は、また「これは私が知る限り、協会が会衆の成員が関係する責任を追及された最初のケースである」とも述べています。

また「サイモンズ氏 (被害者の弁護士)は、事実をゆがめており、上訴裁判所が下級裁判所の判決と証拠をどう見なすかを見守りたい」とマッケイブは、述べています。

「1990年当時、ものみの塔協会の監督の下にあったフレモント会衆の運営を担う長老たちは、加害者のケンドリックが、他の子供の性的虐待で最近処罰を受けていた事実を知っていましたが、その事実を会衆から「内密」にし続けていたことを、陪審員は立証している」とサイモンズ(被害者の弁護士)は述べています。

ケンドリックは、フレモント会衆のエホバの証人である告訴人を、彼女が9歳の時から2年の間にわたり、虐待し始めたことが争点となっています。

「最終的に、ケンドリックは他の少女の性的虐待で、2004年に処罰され、現在カリフォルニアで性犯罪者として登録されている」とサイモンズ(被害者の弁護士)は述べています。

ケンドリックは、告訴人の虐待に関しては、有罪宣告を受けていません。しかし「この問題は、法の強制執行による調査中である」とサイモンズは述べています。

法的な訴訟を避けるために、エホバの証人の長老たちは、会衆内の子供の性的虐待の報告を「内密」に保つように、ものみの塔協会の方針により指導されています。

「今回の判決は非常に意義深い、なぜなら会衆内の性的虐待を隠すというポリシー(政策、方針)が、この裁判で明らかにされた」とサイモンズは述べています。

さらに、判決(罰金)は、宗教団体小児性的虐待の一人の犠牲者のための最大のもののひとつであると述べています。

「コンティは、まず南カリフォルニアとフレモント会衆において、協会の「内密」主義を変えるように訴えましたが、聞き入れてもらえなかったために、裁判を起こした」とサイモンズは述べています。

「協会のこの「内密」主義を暴露し、それを変えさせるためにはこの方法しかないと彼女が感じているので、彼女の方からは、和解案(示談交渉)は要求されていない」とサイモンズは述べています。

「20億円の罰金は、エホバの証人に会衆の中の性犯罪者を隠し続けることを、強制的に辞めさせるための、彼女に残された唯一の手段である」ということです。

マッケイブ(協会側の弁護士)は「エホバの証人が小児性的虐待の「内密」方針を持っていること」を否定しています。彼は、判決は先例のないもであると述べています。

また「我々は判決に驚いています。私たちは小児虐待とそれにかかわる全てを憎みます」とも述べています。

さらにマッケイブは「宗教組織が責任ある公式な立場にない単なる成員の悪行により責任をとらされるという、いかなるケースも未だかって知らない」と述べています。

そして、計画している上訴に関して「問題の解決が長期にわたる」とも述べています。

サイモンズは「エホバの証人は裁判費用のために高価な不動産を含む十分な資金を持っているけれど、上訴裁判は何年もかかるだろう」と述べています。


和訳: ここまで



この記事では「20万ドル以上」となっていますが、別のサイト情報によると( MAIL ONLINE では、28万ドルとなっています。またこちらでは関係者の写真も掲載されています。)

この判決は、協会の弁護士が述べているように、会衆の成員が関係する罪の責任が「ものみの塔協会」にその責任が追及された最初のケースです。
個人の犯罪であるのに、なぜものみの塔協会に40%もの責任があるかというと、それは「ものみの塔」の「極秘方針」つまり隠蔽工作と言う共犯の重大性、悪辣さが問われたと言う事でしょう。
また、賠償金額が多額なのは、これまで、同様の犯罪で千件以上告訴されているにもかかわらず何十年もの間、隠蔽し続けてきた事実に対して、ものみの塔協会そのものこそ、いまわしい犯罪組織であると裁定されたことによるのでしょう。

裁判官は、280万ドル(約22億円)の賠償命令を出すと共に、2年間、協会の資産(約800億円相当)の凍結も命じました。賠償金の40パーセント(8億8000万円)は、ものみの塔協会に支払い義務がありますが、「資産凍結」はその支払いの責任から逃れられないようにするための処置ですが、協会にとっては賠償命令よりも、この資産凍結の命令の方が、深刻なダメージを与えるだろうと見られています。

経済的に困窮しつつある現状にあって、慎ましい生活をしながら、送った自分の「王国宣明のための寄付」から、9億円近い額のお金が、事もあろうに、「幼児性的虐待の賠償金」のために使われる事を、成員一人ひとりはどう感じるのでしょぅか

この数年間、経済的に苦しい状態が続いているものみの塔協会は、節約対策の一環として、ニューヨークのブルックリンにある不動産を売却して、本部の移動を計画していました。
この計画以外にも、雑誌の縮小(2013年1月から『ものみの塔』誌も『目ざめよ!』誌も32頁から16頁のものになる)、ギレアデ学校の閉鎖、世界各地での支部の閉鎖、会衆の合併など、様々な策を講じてきましたが、ブルックリンの資産の処分ができなくなると、より一層、厳しい状況に置かれることでしょう。

ブルックリンベテルの元長老ランダル・ウォーターズ氏は、「今回の判決は、ものみの塔協会の船を沈める最後の一撃だ」とコメントを発表しています。
ウォーターズ氏は、経済的なダメージと共に、組織のイメージダウンに注目しています。真面目に組織に従ってきた信者たちは、自分がエホバの証人であると名乗ることに負い目を感じ、かなりの人が組織を離脱するのではないかと見ています。


関連記事

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

質問です

いつも興味深く拝見しています。
このニュース、日本の主要なメディアでもとりあげられればいいですね。

さて、「資産凍結」と「ギレアデ閉鎖」はどこからの情報でしょうか?
教えていただければうれしく思います。

ご質問への回答

閲覧有り難うございます。
ご質問の件ですが、

資産凍結について、
情報元として参照したのは「watchtower information service」というサイトです。
http://www.watchtowerinformationservice.org/
裁判は2年くらいかかるであろうという見込みで、これは、被告が和解をカバーするために債券を取得するための裁判所の手続のようです。

他でも 多数見受けられますが、「watchtower Asset freeze」で検索をかけますと沢山ヒットします。
いずれも英語です(日本語で検索しても、見付かりませんでした)

ギレアデ閉鎖については、さらに詳しく調査してしていますので、後日UPします。
ヨベルの角笛
プロフィール

ヨベルの角笛

Author:ヨベルの角笛

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ヨベルの角笛HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる